トップページに戻る

報道発表資料

トップページ > 報道発表資料トップ

農業用資材の放射性物質の検査を行います

平成23年8月10日  農業用資材(堆肥、腐葉土等)について、国が放射性セシウムの暫定許容値および検査計画・方法を示し、東北・関東地方等で生産される農業用資材を対象に放射性物質検査を実施することとなりました。
 福井県においても、県内に流通する農業用資材の安全・安心を確保するため、県内の販売業者からの要請に基づき、下記のとおり、独自に検査を実施することとしましたのでお知らせします。

                  記

1 検査対象資材
 ・牛ふん堆肥、雑草堆肥・稲わらたい肥等、バークたい肥、腐葉土であって、次
  のいずれかに該当するもの。
  1)製造所在地又は原料の生産地が以下の17都県であるもの。
     青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、
     群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県
     および静岡県
  2)1)のほか、原料生産地が不明であるなど特段の事情がある場合
 ・販売事業者が保管もしくは販売している資材又は消費者等から回収した資材
  であること
 ・当該資材が農地に施用されるものであるかは問いません。
 ・これ以外の農業用資材(培土、土壌改良資材等)については、国の基準が示さ
  れていないため、検査の希望がある場合には、個別にお問い合わせください。

2 検査の方法
 県職員が、簡易検査(サーベイメーターによる表面測定)を実施し、その結果、高い線量が検出された場合には、原子力環境監視センター福井分析管理室において検査を実施します。

3 結果の公表
 精密検査の結果、暫定許容値を超過する値が検出された場合には、数値および販売業者名を公表します。

4 その他
 放射性セシウム濃度の暫定許容値は以下のとおりです。
  肥料、土壌改良資材、培土  400Bq/kg
  牛・馬・豚・家きん等用飼料 300Bq/kg
  養殖魚用飼料        100Bq/kg
印刷用 印刷用ページ 連絡先
農林水産振興課
担当者: 仲谷、川上
電話: 0776-20-0419
代表(内線): 0776-21-1111 (内)3023
メール: nousin@pref.fukui.lg,jp
記事ID: 1U36Hf1312618098fF

一覧 25503  件中 1 〜 20 件目

2017年10月19日 2017年10月18日

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次頁→

〒910-8580 福井県福井市大手3-17-1
電話:0776-20-0220 報道発表資料に関するお問い合わせはこちらまで
各報道資料に関するお問い合わせは連絡先までお願いします

Valid XHTML 1.0! Valid CSS!