トップページに戻る

報道発表資料

トップページ > 報道発表資料トップ

松平文庫テーマ展47「松平文庫にのこる紫式部の足跡」を開催します〜

令和5年12月13日  紫式部は、20代のころ、父・藤原為時の越前国司赴任に同行し、越前国に滞在しました。越前下向は、紫式部が洛外に出て、京とは異なる風物に触れた数少ない経験であり、いくつかの和歌を遺しています。この経験は後に著した「源氏物語」にも影響を与えたのかもしれません。
 展示では、紫式部の越前下向の足跡を残された資料からたどります。また、「源氏物語」は後世の文学に影響を与えており、それら文学作品を展示します。

1. 会期:令和5年12月22日(金)〜令和6年2月21日(水)
     休館日:毎週月曜日(1/8、 2/12を除く)、年末年始(12月29日〜1月3日)、
         1月9・25日、2月13日

2. 場所:福井県文書館閲覧室(観覧無料)

3. 主な展示資料
 ・「越前国主記」……「為時は紫式部の父也」の記述と為時の越前守決定の逸話を収録
 ・「群書類従」……巻274「紫式部集」(紫式部の和歌)を収録
 ・「新古今和歌集」……紫式部が琵琶湖湖上で詠んだ歌を収録
 ・「越前国名蹟考 巻一敦賀郡」…源氏物語「浮舟」帖に出る、催馬楽を収録
  
4. 関連イベント:ゆるっトーク「松平文庫にのこる紫式部の足跡」
 ・日時:令和6年1月21日(日)15:00〜16:00
 ・会場:福井県立図書館多目的ホール

 「源氏物語」をのこした、紫式部とはどのような人だったのでしょうか?紫式部は、父の越前国司赴任に同行するなかで、道中の風物を詠んだ和歌や、夫となる藤原宣孝との和歌のやり取りをしています。それらを読み解いて、紫式部の人物像にせまっていきます。
印刷用 印刷用ページ 添付資料 連絡先
文書館
担当者: 山本、宇佐美
電話: 0776(33)8890
メール: bunshokan@pref.fukui.lg.jp
紹介: https://www.library-archives.pref.fukui.lg.jp
記事ID: 27affd1701828503dd

一覧 6962  件中 241 〜 260 件目

ジャンル: 教育・文化・パートナーシップ 教育・文化・パートナーシップ
2024年2月1日 2024年1月31日 2024年1月30日 2024年1月29日 2024年1月26日 2024年1月25日 2024年1月24日 2024年1月23日

←前頁 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 次頁→

検 索

 キーワード


〒910-8580 福井県福井市大手3-17-1
電話:0776-20-0220 報道発表資料に関するお問い合わせはこちらまで
各報道資料に関するお問い合わせは連絡先までお願いします

Valid XHTML 1.0! Valid CSS!