トップページに戻る

報道発表資料

トップページ > 報道発表資料トップ

現代詩作家 荒川洋治氏の講演会を開催します

令和元年7月1日  福井出身の現代詩作家、荒川洋治氏の恩賜賞日本芸術院賞受賞を記念して、講演会を開催します。「詩をつくる・批評を書く−文学活動50年の風景」と題し、高校時代から現在までの文学活動を振り返っていただきます。県民の皆様への広報活動にご協力ください。

                  記


1 タイトル   受賞記念講演
                                                   
               「詩をつくる・批評を書く−文学活動50年の風景」

2 日  時  令和元年8月17日(土)14:00〜15:40
    
3 場  所  福井県立図書館 多目的ホール

4 講  師  荒川洋治氏(現代詩作家)
              
5 内  容  高校時代から現在までの文学活動について

6 定  員  150名(要申込・先着順)

7 参 加 費  無料
        
8 申 込 先  福井県ふるさと文学館
        ※電話、FAX、メール、または直接文学館窓口へ申込
         住 所:〒918−8113 福井市下馬町51−11
         電 話:0776−33−8866
         FAX:0776−33−8861
         メール:bungakukan@pref.fukui.lg.jp





(参考)
荒川洋治(あらかわ・ようじ)氏プロフィール
 1949年4月18日、福井県三国町新保(現・坂井市)生まれ。三国中学、藤島高校を経て、早稲田大学第一文学部卒。早大在学中の1971年刊の第一詩集『娼婦論』で小野梓賞芸術賞を受賞。第二詩集『水駅』(1975年)で第26回H氏賞を受賞。1980年より文筆に専念。1996年より肩書を、現代詩作家(みずからの造語)とする。詩集に『渡世』(第28回高見順賞)、『空中の茱萸』(第51回読売文学賞)、『心理』(第13回萩原朔太郎賞)、『北山十八間戸』(第8回鮎川信夫賞)、エッセイ・評論集に『忘れられる過去』(第20回講談社エッセイ賞)、『文芸時評という感想』(第5回小林秀雄賞)、『過去をもつ人』(第70回毎日出版文化賞書評賞)など多数。2019年、恩賜賞ならびに日本芸術院賞を受賞。
印刷用 印刷用ページ 添付資料 連絡先
福井県ふるさと文学館 
担当者: 小林・野坂
電話: 0776-33-8866
メール: bungakukan@pref.fukui.lg.jp
紹介: http://www.library-archives.pref.fukui.jp/
記事ID: 3fc86a1559887340c9

一覧 30303  件中 121 〜 140 件目

2019年10月4日 2019年10月3日 2019年10月2日

←前頁 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 次頁→

〒910-8580 福井県福井市大手3-17-1
電話:0776-20-0220 報道発表資料に関するお問い合わせはこちらまで
各報道資料に関するお問い合わせは連絡先までお願いします

Valid XHTML 1.0! Valid CSS!