トップページに戻る

報道発表資料

トップページ > 報道発表資料トップ

福井県陶芸館夏期企画展「いにしえの陶工とあそぶ−桃山デザイン−」

令和4年8月18日  戦国時代が終わりを告げた桃山時代には、ユニークな形をした様々な絵や文様が描かれたやきものが登場します。その多くは美濃や唐津でつくり出され、京都や大阪の茶人たちに取り上げられることになりました。
「桃山デザイン」とも言える角の取れた形状やゆるい絵や文様がほどこされた器は、現代の私達にも親しみを感じさせ魅了してやみません
そこで本展では桃山時代の芸術性・先進性を今日まで伝える「桃山陶器」に着目し、京都や福井城跡出土の桃山陶器とともに、桃山陶器からインスピレーションを受けて制作された京都市立芸術大学の学生の作品も展示します。また、大正時代に興った桃山ブームである「桃山復興」の系譜を継ぐ福井県の作家・塚原芥山と山田和氏の作品も紹介します。
 桃山デザインをキーワードとし京都と福井、過去と現在の作品交流をお楽しみください。



◆日 時 2022年9月3日(土)―10月2日(日)  9時から17時まで(最終入館は16時30分まで)

◆会 場 福井県陶芸館 2階「資料館展示室」

◆入館料 一般800円(陶芸館常設展、古窯博物館関連展示・常設展を含む)
       高校生以下・70歳以上300円、未就学児無料
       身体障害者手帳をお持ちの方と介護者1名は無料

◆関連イベント 
 
 担当学芸員によるギャラリートーク
 作品の見どころをご紹介します。
 日 時:9月10日(土)、9月18日(日)、9月25日(日)
     各日11時〜(1時間)
 会 場:福井県陶芸館 2階資料館(2階展示室集合)
 講 師:当館学芸員 倉澤佑佳
 聴講料:企画展入館料、事前予約不要、先着15名。

 特別対談「わたしの桃山デザイン」
 日 時:9月17日(土)14:00〜15:30
 会 場:天心堂
 講 師:山田 和氏(陶芸家)、畑中英二氏(京都市立芸術大学教授)
 聞き手:当館学芸員 倉澤佑佳 
 定 員:20名(事前予約制 先着順)※電話申し込みTEL:0778-32-3262
 内容:陶芸家、研究者の視点からそれぞれの桃山デザインの魅力について語ります。
 聴講料:本展観覧券が必要です。

 関連展示「いにしえの陶工と遊んでみた」
 期 間:夏期企画展会期中 
 会 場:福井県陶芸館 2階「資料館展示室」 
 内 容:5月に越前町立宮崎児童館においてワークショップを開催。児童館の子供達の作品を展示。
 入館料:企画展入館料
印刷用 印刷用ページ 添付資料 関連情報 連絡先
福井県陶芸館
担当者: 倉澤
電話: 0778-32-3262
メール: tougeikan@pref.fukui.lg.jp
紹介: https://www.tougeikan.jp/
記事ID: NbeF801660357686Oa

一覧 27454  件中 1 〜 20 件目

2022年9月26日

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次頁→

〒910-8580 福井県福井市大手3-17-1
電話:0776-20-0220 報道発表資料に関するお問い合わせはこちらまで
各報道資料に関するお問い合わせは連絡先までお願いします

Valid XHTML 1.0! Valid CSS!